2017年12月08日

論理哲学研究 2017 第10号 目次

  1. 大窪 徳行「経験科学の記号論」 第10号 2017、OKUBO Tokuyuki, A Semiotic Study of Empirical Science
  2. 大窪 徳行 和田 和行「存在概念の記号論的分析」 第10号 2017、OKUBO Tokuyuki, WADA Kazuyuki, A Semiotic Analysis of Ontology
  3. 江川 晃「パースの情報記号論:無意識過程における脳活動への脳-記号論的アプローチ」 第10号 2017、EGAWA Akira, Peirce's Cybersemiotics:Neuro-semiotic Approach to the Brain Action in Unconscious Process
  4. 藤田 貴也「カルナップ、グッドマンにおける『構成体系』について」 第10号 2017、FUJITA Takaya, Carnap's and Goodman's Constructional System
  5. 齋藤 暢人「続・様相三段論法のメレオトポロジー的考察」 第10号 2017、SAITO Nobuto, The Sequel to Mereotopological Considerations on Modal Syllogism

posted by 日本論理哲学会 at 18:48| Comment(0) | 論理哲学研究 目 次